<社員インタビュー~中途採用編~>なんでエスキュービズムに入社したんですか?

中途採用社員紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加




こんにちは!
採用企画部の山端です。

エスキュービズムでは通年採用を行っているため、毎月数名の新入社員の方がいらっしゃいます。
今回は中途採用で入社された新入社員の方々をご紹介するとともに、エスキュービズムにジョインしてくださった背景などをインタビューしてきました!


10月・11月にご入社された3名の方に4つの質問を中心に、お話しを聞いてきました。

一人目:セールスマーケティング部 望月さん(女性・WEBディレクター)

二人目:アプライアンスセールス部 松尾さん(男性・メーカー事業)

三人目:開発一部所属 前田さん(男性・エンジニア)


Q1. 前職ではどんな仕事をしていたのか?
Q2. なにをきっかけに転職しようと思ったのか?
Q3. エスキュービズムに入社を決めた決め手はなんだったのか?
Q4. 実際に働いてみてどう感じているか?


=====================================

まずお一人目はセールスマーケティング部所属の望月さんです。





ー前職ではどのようなお仕事をされていましたか?


今まではずっと、WEB制作会社でディレクターの仕事をしていました。
クライアントの会社のWEBサイトを制作するお仕事です。


ー転職を考えたきっかけはどういったことだったのでしょうか?


現在4才になる子どもがいるのですが、前職では産休・育休を経て一日6hの時短勤務で働いていました。
でも自分の中ではいつかは時短ではなく、出産前のようにやりがいを感じながらバリバリと仕事がしたいという思いがありました。
しかし前職の会社は規模が小さいこともあり、やりがいを求めてフルタイムに戻すのはこの会社ではないな、という思いもありました。

そして子どもが大きくなりフルタイムに戻りたいと思った頃、新たなことにチャレンジできる会社を探して転職活動をスタートしました。


ー転職活動をされた中で、エスキュービズムへの入社の決め手はなんでしたか?


エスキュービズムに入社したいと思った理由は2つあります。

一つ目は、働いている社員が会社を本気で面白いと思っている会社だと思ったからです。
面接で二人の社員さんとお話ししましたが、お二方ともから「エスキュービズムってすごく面白いんだよ!」と言われました。
他社様の面接でも、そういうことを言われることはありますが、エスキュービズムの面接では喜々として会社のことを話してくれた姿が印象的で、
嘘ではなく、本気でそう思って言っているということが伝わってきました。

二つ目は、私の勤務時間の条件に対して全くネガティブにならずに「いいですよ」と言っていただけたことです。
私はフルタイム勤務に戻したいと思っていましたが、まだ子どもは保育園に行っているためお迎えがあります。
エスキュービズムの定時は9時30分から18時30分ですが、私の場合お迎えのために、18時には会社を出たいという希望がありました。
そのことを伝えた時に、「では、9時から18時で勤務されてはどうですか?」とご提案いただき、
ネガティブにならずに快く受け入れてくださったことがとても好印象でした。


ー実際に1か月弱働いてみて、いかがですか?入社前とのギャップなどはありましたか?


入社前とのギャップなどは、特に感じていません。
勤務時間も面接時のお約束通り、30分前倒しで働かせて頂いています。
他の方の終業時間より30分早くは帰るので、帰りづらい雰囲気だったりしたら嫌だなと思っていましたが、
全くそういうこともなく、働く母親としてはとてもありがたいです。

業務としては、現在自社サイトの1つをリニューアルしようとしていて、そのディレクション業務を任されています。
サービスの訴求方法を変えるため、自分でワイヤーフレームを引きながら試行錯誤しています。
WEBディレクターの業務自体は前職と変わらないのですが、実は自社サイトの制作を行うのは初めての経験です。

今までの20年弱のキャリアとは毛色が少し異なり、自社プロダクトの売り方を考えながらWEBを制作する日々は、自分の視点に足りない部分が見えて、とても面白いです。




社内に少しずつ増えているママさん社員ですが、働く女性の活躍できる環境があることは同じ女性として嬉しいことですね。

=====================================


二人目は、アプライアンスセールス部所属の松尾さんです。





ー前職はどんなお仕事をされていましたか?


エスキュービズムに来る前は、親の会社で約4年間、経理や社長代理の仕事をしていました。
サービス業をやっている小さい会社だったので、ITはおろかとてもアナログな世界で仕事をしていました。


ー転職を考えるきっかけはどういったことだったのでしょうか?


20代後半になり、ふと考えると小さい世界でしか生きていない自分に何ができるのかがわかりませんでした。

最初の就職活動の時もあまりやりたいことがなく、真面目に「自分がしたいこと」について考えてきませんでした。
その結果、親の会社に入社し、言われたことだけをやってきましたが、このままでいいのか?という思いに駆られたんです。
周りの同世代の友人たちを見て、焦りもあったと思います。
だから自分のいた環境から飛び出して、他の会社に転職しようと思いました。


ー多数ある業界の中でIT業界を選び、そしてエスキュービズムに入社を決めたのはなぜですか?


転職を考えた時、元々パソコン関係の専門学校を出ていたこともあり、ITという世界に興味がありました。
そしてIT業界という業界だけを絞って、さまざまな職種を見ているなかで、エスキュービズムに出会いました。

最初は経理ポジションの募集を見て、自分の経験が活かせるかと思い応募したのですが、
面接していただいた際に「メーカーの事業に興味はない?」とアプライアンスセールス部門での提案を頂きました。
職種にはこだわっていなかったこともあり、お話しを聞いてみたいと思ったのですが、ITだけでなくメーカーとしての事業もやっていることに面白さを感じました。

最後の決め手となったのは、エスキュービズムの雰囲気にあると思います。
他社さんでエンジニア職などでも面接を受けていましたが、どこか閉塞感を感じたり、暗いなと思う面接が多かったです。
それに比べるとエスキュービズムは、圧倒的に明るい印象でした。
また、面接時の質問すべてに対してきちんと答えを返してもらえたことで、誠実な印象を受けました。


ー実際にまだ数週間ですが、働いてみてどう感じていますか?


やはり若い人が多く、スピード感とパワーが強い会社だなという印象です。
前の会社と比較するから尚更でしょうが、社員の方々の対応へのスピードの早さなどには驚きました。

現在は、大手量販店様に対する製品の在庫管理と出荷業務を行っています。
やっている内容は数字を追ったりと細かい内容も多く、不慣れなこともあり苦労している部分が多いです。
しかし「分からないことは質問していいよ」という雰囲気なので、とても仕事がしやすいです。
現在実務を教えて下さっている先輩の方は、小さい質問にも丁寧に答えてくださるため、一つ一つ着実に覚える努力をしています。

まずは一人前になることが先ですが、在庫管理や出荷業務のフローや仕組みについても考え、改善などを行えるようになりたいと思っています。



エスキュービズムは実はハード機器メーカーとしての一面も持ち合わせていて、冷蔵庫やロボット掃除機など様々な製品を取り扱っています
ITシステムの会社としては珍しいかもしれませんね。

アプライアンス事業サイトはこちら

=====================================

最後三人目は開発第一部の前田さんです。





ー前職ではどんなお仕事をされていましたか?


ずっとシステムエンジニアとして仕事をしてきて、前職では国民健康保険システムの開発に従事していました。
医療機関の虚偽の申告や誤りを見つけ、不正に税金が使われないよう点検するシステムを開発していました。


ー転職を考えたのはどういうきっかけだったのでしょうか?


元々SESを派遣する会社に15年ほど勤めていたのですが、その会社から離れてからフリーになり
国民健康保険のシステム開発をされている会社さんのお手伝いをしていたという経緯があります。

そして長らく従事していた開発プロジェクトにおいて、私の関わるフェーズが終わりを迎え、
フリーのエンジニアとしてずっとやっていく気も無かったため、転職活動を始めました。


ー転職活動をされて、なぜエスキュービズムに入社しようと決められたのですか?


実は自分にとってはこれが初の転職活動でして、10数社様ほど面接を受けさせていただきました。
軸としては、自社の製品やサービスを持っている会社という点だけを決めて活動していました。

その中で、エスキュービズムは1社目に受けた会社でした。

エンジニアといえども、前職から考えるとECシステムというのは畑が大きく異なるのですが、面接において中途採用独特の試す感じが無かったのが印象的でした。
面接というよりもっと対話に近い形で、「一緒にやっていきましょう!」という気持ちをとても感じました。そういったところが、いいなと思った理由の一つです。

そしてECだけでなく、メーカー事業やインバウンドシティなど製品やサービスの幅が広い会社なので、様々なことに挑戦できそうだと思いました。
また、たまたま面接から帰って家でテレビをつけたら、エスキュービズムのVRのサービスをニュースで紹介していたんです。
その時に、なにか縁のようなものを感じたというのもあるかもしれません。(笑)


ー実際に働いてみて、会社の雰囲気や業務などに対してどんなことを感じていますか?


今とても楽しいと感じています。
会社は自由な感じがあって、新しいことができそうな雰囲気だと感じます。
中途採用の方も多いため、良い意味でフラットな環境ではないでしょうか。私は自然に溶け込めるような気がしています。

現在は某大手エンタメ系企業のEC案件に携わっています。
今までの国民健康保険のシステムとは違い、ECは案件ごとにお客様がいて、それぞれのお客様の取り扱う商品も違えば、悩みも違います。
そういうところに面白さを感じますし、たくさんの案件に携わればその分新しいことに触れることができるため楽しいですよね。

今後は、お客様の満足度といった部分を高めていくために自分の能力を発揮できればと思います。
あと、銭湯部の話があるようですが自分もスーパー銭湯に良くいくので、ちょっと興味がありますね。(笑)



確かにエスキュービズムには様々な業界から転職して来られた方が多いので、懐の深さはあるかもしれません。
そしてまさかの銭湯部の候補者の方でしたね!ぜひ銭湯部に入ってほしいですね。

銭湯紹介記事についてはこちら


===================================== 



さて、中途採用で入られた3名の方にお話しを伺いましたがいかがだったでしょうか。

様々な思いや事情から転職を決意されている方もいらっしゃると思いますが、
少しでもエスキュービズムに興味を持ってくださったら一度お話をしに来ませんか?

面接だと意気込まず、少し話に来る程度の気軽な気持ちでオフィスに遊びにきてくださいね。



★おまけ★

11月も終わりに近づき、とっても寒くなってきましたよね。

街を彩るイルミネーションを「気が早いなぁ〜」と思いながら見ていたら、
エスキュービズムのエントランスにも気づいたらクリスマスツリーが飾られていました!




オフィスに来た際に是非見てみてくださいね♪

2006-2017 © S-cubism Inc. All rights reserved.