【実話】僕の先祖は、桃太郎でした。~鬼に謝罪をしたくて~

社員紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

【実話】僕の先祖は、桃太郎でした。

こんにちは、ねがブロやECなどのIT事業の営業担当の三宅です。





僕が担当している『ねがブロ』に関しては、こちらに詳しく書いてありますので、是非御覧ください。
製品紹介もしたいのですが、今日1番伝えたいことは、、、


僕のご先祖様は、「桃太郎」です。


もう一度言います。僕のご先祖様は、「桃太郎」です。


皆さん苦笑いですが、そんなことは気にせず参りましょう。
僕のご先祖様は「桃太郎」です。大切なことなので、3回言いました。






なぜ、こんな話をするかというと。。。
先日、エスキュービズム広報担当小室氏に、「最近、なんか面白いネタないの?」と聞かれたので、
僕の周りで最近起こったネタの中から選んでもらいました。

① 電車の中で、コーヒーをぶちまけられた話
② くしゃみをしたら、家のトイレの電気がぶっ壊れた話
③ 血筋を辿って行ったら、先祖は桃太郎だった話

即答で③でした。

正確にお話をすると僕の祖先は「吉備津命彦」(きびつひこのみこと)という人物で昔話『桃太郎』のモデルになった方です。
しかも吉備津命彦さんは、桃太郎のモデルだけではなく日本を守っていた四道将軍の1人でした。

つまるところ、四皇の1人みたいな人です。

【むかしむかし、吉備津命彦さんは犬飼健(いぬかいたける)・楽々森彦(ささもりひこ)・留玉臣(とめたまおみ)の
 3人の家来とともに、鬼ノ城を荒らしていた、温羅(うら)をやっつけました】

これが桃太郎の基になった話です。
あるご縁がきっかけで、歴史研究家の方に“岡山県の三宅姓”について調べて頂きました。
SNSとかでよく見かけるお遊びだろうと思っていたら、2週間後に渡されたのがコレ。



参考文献
・古事記712年編纂
・日本書紀720年編纂
・新撰姓氏録1963年編纂
・播磨国風土記713年〜715年編纂
・梅松論1349年成立
・太平記1370年成立

遊びじゃない。超本気。。。

最近こんな記事を見ました。
『ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました』

鬼とはいえど、大切な父親。これは、謝罪をしなければ!ということで鬼の子孫を探しております。
我こそは、鬼の子孫だ!私は鬼の子孫かも?という方は、『エスキュービズム Wantedly 桃太郎係』までご連絡ください。

そして、求人媒体のWantedlyですので、この勢いで『ねがブロ』担当も募集します。
今、『ねがブロ』は僕1人で営業活動をしていますが、やはり、僕と相性がいいのは!!!!


犬・猿・雉ではないでしょうか!


少々ムリヤリな気もしますが、戌年・申年・酉年の方は、三宅までご連絡ください。
きび団子を差し上げます。


2006-2017 © S-cubism Inc. All rights reserved.